従業員の健康は会社発展の大きな基盤

当社では、毎年この時期に健康診断を実施しており、全従業員が順番に受診し各自の健康増進を図っております。

新型コロナウイルス感染症の現状として、大阪府では新たな感染者が、前週の同じ曜日と比べて2倍以上に増える日が続き、7月10日の病床使用率も20%を超えたため、7月11日に独自基準・大阪モデルを警戒を示す黄色信号へ引き上げました。

新型コロナ感染症対策については、弊社としても屋内換気や手指の消毒を始め、様々な感染予防対策に取り組んでおりますが、社員の健康管理の面でも健康診断の重要性について相互の理解を深めるべく、今後も安全対策と定期的な検診などに取り組んでまいります。

まだまだ予断を許さない状況でありますので、各自消毒や手洗いを徹底しコロナ対策を図るとともに夏季における熱中症対策にも配意してこの厳しい状況を乗り越えましょう。